あんこう(単品/セット)

¥2,400¥8,900 (税別)

生アンコウ(身だけ、肝だけ、身と肝のセット)

冬の味覚あんこう鍋、決め手は海のフォアグラ「あん肝」

平たい魚体に大きな頭。巨大な口には鋭い歯が並ぶグロテスクなアンコウですが、味が淡白で栄養価が高い魚として知られています。

ビタミンB12やB1、ナイアシン等を含む身は、蛋白質・脂肪が少なく、コラーゲンたっぷりで低カロリー。一方脂肪の多い肝は、DHA・EPAなどの多価不飽和脂肪酸が豊富なだけでなく、亜鉛、銅、ビタミンA、E、Dなどを大量に含みます。
そして、アンコウの旬と言えば、肝が肥大化する1月~2月が一番美味しい時期です。

フィッシュ・ラバーズ・ジャパンでは、天然アンコウの「身」と「肝」を期間限定でお届けします。
冬の味覚を、心ゆくまで堪能してください!

 

さばき方は意外にカンタン

身が柔らかくぬめりが強いアンコウを、丸ごとおろすのは大変!
そのため、下顎を鉤に引っかけて、口から水や氷を入れ、
「吊し切り」でさばくのです

鮟鱇吊し切

でも、ご安心ください!
家庭用のまな板でも簡単にさばけるよう、顔の部分やトモ(ヒレ)などを外してお届けします。こんな状態です。

鮟鱇身

皮を引き、三枚におろした後、適度な大きさにぶつ切りするだけで、下準備は完了。
実にカンタン
です

鮟鱇三枚卸

 

鍋にしても唐揚にしても美味しいアンコウ

今回ご用意した身は、一番美味しいとされている、2kg程の国産モノの、生です。

鍋は、アンコウ料理の定番。関東地方では、冬の鍋の王者といえば、アンコウです。
出汁は、カツオ節でも昆布でも、お好みで。味付けも、醤油仕立てか味噌仕立てかによってコクや風味が大きく変わりますので、好みを追求するのも楽しいでしょう。
体の温まるアンコウ鍋で、コラーゲンをたっぷり摂ってください!

鮟鱇鍋

また、アンコウの身は、水分が多く淡白な為、唐揚げにもピッタリです。
クセのない白身で、揚げることで多量の水分が抜け、適度に締まります。
中は豊潤で外はカリッと香ばしい、フグにも似た食感と味が楽しめます。

 

あん肝もどぶ汁も絶品の美味しさ

今回ご用意した肝は、たっぷり500g程の中国産の、です。
(希少な国産は、日によってはご用意できないリスクがあり、また、お値段が倍程にもなってしまうため、このセットでは扱っておりません。どうしてもという方は、別途お知らせください!)

鮟鱇肝生

定番料理と言えば、アンコウの肝蒸し、いわゆる「アン肝(あんきも)」です。
丁寧に血管を除き、薄皮を剥いだ肝を、ラップやアルミホイルでソーセージ状に細長く包み、蒸し器で20分ほど蒸します。手間をかけるだけの価値のある、冬の絶品肴です。
もみじおろしとポン酢を添えていただきます。

鮟鱇肝

濃厚なコクと旨味の「どぶ汁」も捨てがたい魅力です。
土鍋にキモを入れて火を入れ、オレンジ色になるまで溶かします(これを「空煎り」と言います)。ペースト状になったキモに、アンコウの身肉や皮、野菜を入れ、蓋をして、アンコウの身と野菜から出る水分で煮ます。最後に味噌で味つけをすれば出来上がりです。
水を一滴も使わず、身と野菜から出る水分のみで調理するため、一般のアンコウ鍋とは比べモノにならないほどの濃厚さを味わえます。
人によってはクセが強すぎて食べづらいかも知れませんが、強烈なコクや旨味を一度知ると、忘れられない味です。

鮟鱇鍋準備

 

ご用意したのは3種類(選択してください)

今回は、

  • 身のみ(約2kg、鍋にするとたっぷり6~7人前)7.100円
  • 肝のみ(約500g)2,400円
  • 身と肝のセット 8,900円

の3種類をご用意しました。
身も肝も冷蔵で2日程度、冷凍で1ヶ月程度は十分もちます

肝を愛でるのもよし、どぶ汁で全部いただくのもよし。

是非、この機会に召し上がってみてください。
必ずやご満足いただけると信じており鱒!

解除

商品コード: あんこう 商品カテゴリー: 商品タグ:

説明

生アンコウ(身だけ、肝だけ、身と肝のセット)

冬の味覚あんこう鍋、決め手は海のフォアグラ「あん肝」

平たい魚体に大きな頭。巨大な口には鋭い歯が並ぶグロテスクなアンコウですが、味が淡白で栄養価が高い魚として知られています。

ビタミンB12やB1、ナイアシン等を含む身は、蛋白質・脂肪が少なく、コラーゲンたっぷりで低カロリー。一方脂肪の多い肝は、DHA・EPAなどの多価不飽和脂肪酸が豊富なだけでなく、亜鉛、銅、ビタミンA、E、Dなどを大量に含みます。
そして、アンコウの旬と言えば、肝が肥大化する1月~2月が一番美味しい時期です。

フィッシュ・ラバーズ・ジャパンでは、天然アンコウの「身」と「肝」を期間限定でお届けします。
冬の味覚を、心ゆくまで堪能してください!

 

さばき方は意外にカンタン

身が柔らかくぬめりが強いアンコウを、丸ごとおろすのは大変!
そのため、下顎を鉤に引っかけて、口から水や氷を入れ、
「吊し切り」でさばくのです

鮟鱇吊し切

でも、ご安心ください!
家庭用のまな板でも簡単にさばけるよう、顔の部分やトモ(ヒレ)などを外してお届けします。こんな状態です。

鮟鱇身

皮を引き、三枚におろした後、適度な大きさにぶつ切りするだけで、下準備は完了。
実にカンタン
です

鮟鱇三枚卸

 

鍋にしても唐揚にしても美味しいアンコウ

今回ご用意した身は、一番美味しいとされている、2kg程の国産モノの、生です。

鍋は、アンコウ料理の定番。関東地方では、冬の鍋の王者といえば、アンコウです。
出汁は、カツオ節でも昆布でも、お好みで。味付けも、醤油仕立てか味噌仕立てかによってコクや風味が大きく変わりますので、好みを追求するのも楽しいでしょう。
体の温まるアンコウ鍋で、コラーゲンをたっぷり摂ってください!

鮟鱇鍋

また、アンコウの身は、水分が多く淡白な為、唐揚げにもピッタリです。
クセのない白身で、揚げることで多量の水分が抜け、適度に締まります。
中は豊潤で外はカリッと香ばしい、フグにも似た食感と味が楽しめます。

 

あん肝もどぶ汁も絶品の美味しさ

今回ご用意した肝は、たっぷり500g程の中国産の、です。
(希少な国産は、日によってはご用意できないリスクがあり、また、お値段が倍程にもなってしまうため、このセットでは扱っておりません。どうしてもという方は、別途お知らせください!)

鮟鱇肝生

定番料理と言えば、アンコウの肝蒸し、いわゆる「アン肝(あんきも)」です。
丁寧に血管を除き、薄皮を剥いだ肝を、ラップやアルミホイルでソーセージ状に細長く包み、蒸し器で20分ほど蒸します。手間をかけるだけの価値のある、冬の絶品肴です。
もみじおろしとポン酢を添えていただきます。

鮟鱇肝

濃厚なコクと旨味の「どぶ汁」も捨てがたい魅力です。
土鍋にキモを入れて火を入れ、オレンジ色になるまで溶かします(これを「空煎り」と言います)。ペースト状になったキモに、アンコウの身肉や皮、野菜を入れ、蓋をして、アンコウの身と野菜から出る水分で煮ます。最後に味噌で味つけをすれば出来上がりです。
水を一滴も使わず、身と野菜から出る水分のみで調理するため、一般のアンコウ鍋とは比べモノにならないほどの濃厚さを味わえます。
人によってはクセが強すぎて食べづらいかも知れませんが、強烈なコクや旨味を一度知ると、忘れられない味です。

鮟鱇鍋準備

 

ご用意したのは3種類(選択してください)

今回は、

  • 身のみ(約2kg、鍋にするとたっぷり6~7人前)7.100円
  • 肝のみ(約500g)2,400円
  • 身と肝のセット 8,900円

の3種類をご用意しました。
身も肝も冷蔵で2日程度、冷凍で1ヶ月程度は十分もちます

肝を愛でるのもよし、どぶ汁で全部いただくのもよし。

是非、この機会に召し上がってみてください。
必ずやご満足いただけると信じており鱒!

追加情報

組合せ

, ,