国産 養殖マダイ

¥3,400 (税別)

国産 養殖 マダイ1匹(約1kg、多少のバラつきはご容赦ください)

何かとお目出鯛マダイで、新年の寿ぎ(ことほぎ)を!

七福神のえびす様が小脇に抱えているのは鯛。大相撲の優勝力士の手にも鯛。おめでタイ時には必ず鯛が出てきます。

コリコリした歯ごたえの引き締まった身、そして適度な脂の乗り。また、タンパク質、タウリン、EPA、DHA、ビタミンB1、内臓部分にはビタミンB2などが多く含まれます。

赤く立派な見た目と、うま味。マダイが「魚の王様」と称される所以です。

 

スゴ技「神経締め」が鮮度保持のポイント

市場に出回っているマダイの、80%以上が養殖モノです。養殖の中でも、愛媛産など質のいいモノを提供いたします。

また、出荷の際に、必ず「活け締め」を施します。
活け締めとは、生きているうちに、目の上あたりにある「ツボ」からピアノ線などを差し込み神経筋を抜く、「神経絞め(神経抜き)」とも呼ばれる処理のこと。
これにより、神経のない魚体は自分が死んだ事がわからず、死後硬直までの時間を遅らせることができるのです。
この処理で、鮮度保持に大きな差がでます。
天然モノは、一定の割合で野締め(
収穫の過程で自然に死んでしまう個体)も出るので、その点では、品質が安定している(外れることが少ない)とも言えます。

 

召し上がり方もいろいろ

ご用意したのは、1kg程度の個体です。捌きやすく、値段もお手頃で、正月にピッタリの食材でしょう。
1kgと言うと体長は 40cm弱で、4~5人で召し上がっても十分な量の刺身(350~400g)がとれます。
もちろん
マダイは、刺身用のサクどりをした後も、捨てるところがありません。
カブトは煮たり塩焼にしたり、またアラも潮汁や味噌汁で、最後まで美味しく召し上がれます。

姿の状態でお届けしたいので、基本は丸のまま箱詰めしますが、ワタ出しや三枚卸しのリクエストにも極力応じます。
実は、豊洲の仲卸でここまでやってくれるところは、ほとんどありません。
但し、身の鮮度が落ち色が悪くなるため、皮引きは致しません。

ウロコ取りだって、カレースプーンやペットボトルの蓋で簡単にできます!
また、一番美味しいと言われる「皮霜造り」(熱湯をかけ柔らかくした皮を一緒にいただく刺身)などにも挑戦してみてください。

旬を迎えたマダイの美味しさを、是非ご堪能ください!

商品コード: マダイ養殖 商品カテゴリー: 商品タグ:

説明

国産 養殖 マダイ1匹(約1kg、多少のバラつきはご容赦ください)

何かとお目出鯛マダイで、新年の寿ぎ(ことほぎ)を!

七福神のえびす様が小脇に抱えているのは鯛。大相撲の優勝力士の手にも鯛。おめでタイ時には必ず鯛が出てきます。

コリコリした歯ごたえの引き締まった身、そして適度な脂の乗り。また、タンパク質、タウリン、EPA、DHA、ビタミンB1、内臓部分にはビタミンB2などが多く含まれます。

赤く立派な見た目と、うま味。マダイが「魚の王様」と称される所以です。

 

スゴ技「神経締め」が鮮度保持のポイント

市場に出回っているマダイの、80%以上が養殖モノです。養殖の中でも、愛媛産など質のいいモノを提供いたします。

また、出荷の際に、必ず「活け締め」を施します。
活け締めとは、生きているうちに、目の上あたりにある「ツボ」からピアノ線などを差し込み神経筋を抜く、「神経絞め(神経抜き)」とも呼ばれる処理のこと。
これにより、神経のない魚体は自分が死んだ事がわからず、死後硬直までの時間を遅らせることができるのです。
この処理で、鮮度保持に大きな差がでます。
天然モノは、一定の割合で野締め(
収穫の過程で自然に死んでしまう個体)も出るので、その点では、品質が安定している(外れることが少ない)とも言えます。

 

召し上がり方もいろいろ

ご用意したのは、1kg程度の個体です。捌きやすく、値段もお手頃で、正月にピッタリの食材でしょう。
1kgと言うと体長は 40cm弱で、4~5人で召し上がっても十分な量の刺身(350~400g)がとれます。
もちろん
マダイは、刺身用のサクどりをした後も、捨てるところがありません。
カブトは煮たり塩焼にしたり、またアラも潮汁や味噌汁で、最後まで美味しく召し上がれます。

姿の状態でお届けしたいので、基本は丸のまま箱詰めしますが、ワタ出しや三枚卸しのリクエストにも極力応じます。
実は、豊洲の仲卸でここまでやってくれるところは、ほとんどありません。
但し、身の鮮度が落ち色が悪くなるため、皮引きは致しません。

ウロコ取りだって、カレースプーンやペットボトルの蓋で簡単にできます!
また、一番美味しいと言われる「皮霜造り」(熱湯をかけ柔らかくした皮を一緒にいただく刺身)などにも挑戦してみてください。

旬を迎えたマダイの美味しさを、是非ご堪能ください!