ホーム

原料のわからない食材で消費者は騙されていまいか?

スズキはナイルパーチ、クエはアブラボウズ、シシャモはカペリンなど。。。高級魚の代用や偽装は、残念ながら枚挙にいとまがありません。また、サラダオイルを混ぜたマグロの中落ちなど、原材料のわからない加工食品も、巷に溢れています。

消費者が安心して「食べること」を楽しむためには、こうした供給上の欺瞞問題をよく知ることが、ますます重要になってきました。

旬の味で「季節」を感じる楽しみは何処に

かつて日本人は、同じ魚を食べても、季節によって異なる味わいを通じて、四季の移ろいを体感していました。「初鰹」「戻り鰹」などがいい例です。ところが今、冷凍貯蔵技術が発達したおかげで、秋に獲った戻り鰹が通年流通します。脂の乗った旨い魚を年中食べられるようになりましたが、裏腹に、旬の味で季節を感じる楽しみは奪われてしまいました。

安定供給の利便と、旬を味わうこと。どちらが本当の「贅沢」なのでしょうか。

Fish Lovers Japanは、消費者の味方です

Fish Lovers Japanは、日本の食文化と魚介が大好きです。食文化の大切さを訴え、旬の魚介を紹介するなど、様々な情報を発信します。

Fish Lovers Japanは、魚介を愛する消費者の味方です。どうぞよろしくお願いします。

    

2017年10月17日
メールマガジンの配信を始めました。ほぼ「週刊」です。
メールアドレスの登録はこちらから!

2017年10月10日
マグロの日に便乗し「マグロ読本2017」を公開します。このハンドブックを読めば
☑ マグロの種類がわかります
☑ マグロの部位と食文化の変遷がわかります
☑ 生鮮マグロと冷凍マグロの違いがわかります
☑ 冷凍マグロの美味しい解凍方法がわかります
☑ 輸入に依存しているマグロの現状や単価がわかります
☑ 蓄養マグロや完全養殖の取り組みがわかります
ダウンロード申請はこちらから!

2017年9月5日
ホームページを開設し、はてなブログの記事「三度の飯より魚介好き」を引っ越しました。
改めまして、ブックマークをお願いします。