築地市場移転で、惜しまれつつ畳んだ名店「豊ちゃん」の暖簾

5月いっぱいで閉店していたようです。知らなかった!大ショック!!

f:id:souxouquit:20170217081322j:plain

創業100余年の洋食の名店

大正8年、洋食長豊軒として創業した豊ちゃん。カツ丼の具が別皿で出てくる「カツ煮定食」が、名物の「アタマライス」でした。L字のカウンター15人ほどのこぢんまりとした店でした。メニューは決して安くはないけれど、築地で働く男たちの胃袋を満足させていることが納得できる、流石の旨さでした。

私も、職場が勝鬨橋のすぐ傍にあった頃は、よく通いました。お袋が癌センターで手術した時も、待ち時間に親父や妹連れて来たっけ。

ネットの情報によると、5月いっぱいで閉店していたようです。ああ過去形で書くのが辛い。

kaiten-heiten.com

www.facebook.com

最後に行ったのは4ヶ月前

2月に築地に買い出しに行ったその訪問が、最後になってしまいました。

あなたにもできる!~ 築地の仲卸からお得に魚を買うコツ

今から考えると、東都グリルと迷った挙句豊ちゃんにしたのは、大正解でした。

というか、その時豊ちゃんを選択しなかったらと考えると、夜も眠れません。

f:id:souxouquit:20170217081850j:plain

いただいたのは、オムハヤシライス。

いつもこれとトンカツ(と冬場はカキフライも)で迷います。

移転で揺れる老舗の苦悩

豊洲への移転に反対していた前の店主は、2014年8月に一旦閉店を決めました。その後経営者が変わって暖簾は引き継がれましたが、味は変わってしまいました。思えば、この時点で豊ちゃんの歴史は、既に幕を下ろしていたのかもしれません。

もちろん背景にあったのは、築地市場の豊洲への移転。2014年というのは、延期措置が取られる前の移転のタイミングです。

今回の閉店は、恐らく本当なのでしょう。築地の各店舗は基本豊洲での新店舗開店を決めていますが、豊ちゃんはその名簿に記載がないのです。

誰が悪いのか、という点は一旦棚上げするにしても、こういう文化が途絶えてしまうのは、ものすごくさびしいことです。

f:id:souxouquit:20130330082921j:plain

この写真は、2013年当時のオムハヤシ。だいぶ趣が違うことがお分かりいただけると思います。

かすかな希望があれば生きていける!

嬉しいことに、豊ちゃんの厨房にいらした方が、高円寺で出店されているようです。

食べたいお客さんが居て、提供できる職人の腕があれば、暖簾はともあれ、文化は受け継がれるということですね。

www.pintabest.com

少しだけ胸をなでおろしました。

メルマガ会員登録

新着情報をいち早くGET!

MailMagazine

フィッシュ・ラバーズ・ジャパンでは、メールマガジンを発行しております。
メルマガ会員になると

食材は、旬がいちばん!
メルマガ会員に登録して、タイムリーに情報をGETしよう!

 

もっと知ってもっとおいしく!

魚を食べた時のココロの満足度を倍増させたいあなたには、こちらのメールマガジンもお勧めです。20日間連続で届くこのメルマガ。読了のアカツキには

  • 魚の旬や、美味しく食べるコツがわかります
  • 日本の食文化がわかります
  • 魚を食べるリスクもわかります

というわけで、お気軽にご登録ください。

シェアする!

フォローする!

コメント

  1. debux2 より:

    そう言えば「五月末閉店」と聞いていました・・・
    私にとって、トンカツのスタンダードは豊ちゃんでした。一押しは「ないアタマ、十文字」=脂身の少ないところを使って揚げたトンカツを十文字に切ってアタマに仕上げてもらうのでした・・・
    ああ、また一つ昭和が消えていく・・・

  2. souxouquit より:

    debux2さん!
    そうですね。またひとつ昭和が消えていく感じでさびしい限りですね。